自己処理をするよりも永久脱毛


毛と毛母細胞を一緒に焼き切るレーザー脱毛

ムダ毛の処理を、カミソリで剃るなど自分で続けると、毛穴がぶつぶつになったり赤くなるトラブルを引き起こします。自己処理をするよりも皮膚科で永久脱毛した方が肌にとっては安全です。

永久脱毛にはおもにレーザー脱毛と電気脱毛の2種類あります。

レーザー脱毛にはレーザー光線で毛と毛を作る毛母細胞を一緒に焼き切る方法です。痛みは少なく両脇で約10分と短い時間で広範囲の処理が可能です。

但し、光が強すぎると、特に色黒の人は火傷を起こす可能性が高くなり、光が弱ければ毛は減らず、再び生えてくるなどのリスクがあります。

毛穴に針を入れて毛母細胞を破壊する電気脱毛

電気脱毛は1本1本の毛穴に針を入れ電気を通して毛母細胞を破壊する方法です。毛を1本づつ処理するため時間がかかり痛みもありますが、レーザーよりも、毛を確実になくせます。

1本残らず処理したい部分には向いています。肌表面には電気を通さないので肌質も選びません。両方とも価格は範囲によって異なりますが、両脇で10万〜20万が目安です。

それぞれに特徴とメリット、デメリットがありますので、比べてみて自分に合う方法を選びましょう。

エステサロンでの脱毛

エステサロンでの脱毛には注意が必要です。エステサロンは、料金が安いので、お得感があります。しかしエステサロンでは永久脱毛にはならないという事を理解しておく必要があります。

本来レーザーやニードルを使用することは医療機関でしかできません。衛生管理や技術教育がしっかりしているエステサロンもあるのですが、中にはトラブルが多いところもあります。施術で肌に少しでも異常が表れたら、すぐに皮膚科で受診しましょう。

医療脱毛を新宿でするのがおすすめです。お店がたくさんあるので、自分に合ったお店を見つけることができます。

医療レーザー脱毛を新宿の方はこちら