健康美を作り出す歯科選び


中高年も通える美容歯科

健康美は歯にも該当する内容で、近年では美容歯科も増えているため、選び方に難色を示すケースも少なくない内情です。例えば、歯並びに悩みを抱えるのは小児のみならず、近年では中高年のコンプレックスの1つに挙げられています。歯周病などの影響も重なり、歯茎が痩せてしまい歯がグラつき、当然のように歯並びが乱れてしまうなどのフレイアウト現象を招きます。美容歯科において、小児・成人・シニア世代までがまんべんなく通うことは、どの年代からも信頼されている証に繋がっています。

院内の環境や診療時間

美容歯科の選び方として、院内環境や設備なども重要です。健康美に対する悩みを相談するため、個室対応や完全予約制での対応はポイントとなりますし、診療時間も遅い時間帯や土日に対応することで、万が一、歯のトラブルに見舞われた場合に迅速に対応できます。美容歯科での治療には最新の医療機器が導入される傾向にあり、機械の説明を行ってくれることもポイントです。歯並び1つ取り上げた場合でも、マニュアルや医師の判断で診療が進められるのではなく、患者のライフスタイルを考慮し、選択肢が広いことも重要です。

噛み合わせを意識する

歯並びでは最終的に噛み合わせの問題が挙げられています。歯列矯正において、小児や女性の場合には器具を装着した際の見た目を気にするものの、中高年では咀嚼できる噛み合わせに重点をおくケースが多い傾向にあります。健康的な生活を意識し、キレイに並べ替える治療ではなく、機能を考慮して咬合・歯列などの構築が必要となります。そのためにも噛み合わせに注目し、CTのみならず顎機能検査などまでが提案される美容歯科選びが大切です。

出っ歯は非常に目立ってしまい、それをコンプレックスに感じられている人もいますが、出っ歯の矯正を行えば出っ歯は改善することができます。