オゾン療法についての基礎知識


オゾン療法とはどのようなものか

オゾン療法とは主にヨーロッパで行われているオゾンガスを用いた治療法のことです。

オゾン療法には100〜200ccの脱血した血液にオゾンガスを混合してオゾン化した血液を作り、これを体の中に戻すという大量自家血療法と3〜5ccのオゾン化した血液を筋肉注射で体に打ち込む少量自家血療法があります。日本では大量自家血療法を血液クレンジング療法と呼ぶこともあります。

自家血療法以外にも水にオゾンを混合したオゾン水を用いて歯周病や火傷、皮膚の感染症などの治療を行うこともあります。

オゾン療法はどんな病気に効果があるのか

オゾン療法はB型C型の肝炎やHIVのウイルスの増殖を抑える効果があるとされていますし、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患やアトピー性皮膚炎や慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患にも効果があるとされています。その他にも眼精疲労や慢性疲労などの様々な体調不良から糖尿病や線維筋痛症、慢性腎不全などの多岐にわたる病気に対して効果があるとされています。また、オゾン療法には免疫力を向上させる効果があるのでがんの補完療法として使用されることもあります。

大量自家血療法の作用とは

大量自家血療法を行うと普段は酸素が行き渡らないような虚血部位を酸素化できるので末梢の血流を改善する効果があります。この血液流動性の向上効果は1〜2週間程度は持続するとされています。また、免疫力を向上させる作用もあるので様々な病気を予防する効果が期待できます。また、細胞を活性化して抗酸化力を向上させる作用もあるのでアンチエイジング効果もあるとされています。もともと抗酸化力が低い人は大量自家血療法による抗酸化力の向上効果が特に高くなる傾向があります。

血液クレンジングとはどろどろの血液を体内から取り出し、オゾンガスで洗浄をおこない血液をサラサラにした後に体内に戻す方法の事を言います。

血液クレンジングの効果の関連記事